読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びぃえるくぅと。

ガラケーは打楽器。

NTEmacs 24.5 で Cask を使えるようにする

最近趣味のプログラミングがそこまで捗ってないというか環境構築楽しいで止まってる気がする。。。

で、その環境構築で、Windowsのプログラミング環境どうしようって結局Emacsを入れようとしていて沼にはまった話です。 備忘録程度なので雑に書いています。

Cask

Caskだけで調べるとHomebrewの方のCaskがヒットしちゃったりするのですが、そんなことはどうでも良く。

Caskは、emacs向けの依存マネージャー(?)といった機能を担当します。Node.jsのnpmだったり、 Rubyの'bundle'のような感じです。

ここでCaskの使用方法ですが、~/.emacs.d/以下にCaskという名前のファイルを生成し、 そこに自分のEmacs環境で使いたいパッケージを書き、そのディレクトリで

$ cask install

することで、一連のパッケージを一斉にダウンロードすることができます。 あとはinit.elでCask関係のEmacs lisp達をロードすることで、ダウンロードしたパッケージが使えるようになります。

なお、CaskにはPython 2.7が必要です。3.xには対応してないらしいので注意してください。

Caskがパッケージを拾いに行けない

さて本題ですが、これは今のところWindowsだけに起こっているのですが、GNU公式から拾ってきたEmacs (24.5)だと Caskの通信が成功しません。WindowsEmacs (NTEmacs)だけSSL/TLS通信に必要な GnuTls というライブラリが インクルードされずにビルドされているらしいです。

と言うことでいろいろ検索した結果、以下のページに方法が書いてありました。

how to enable GnuTLS for Emacs 24 on Windows

要約すると、「Win向けにGnuTlsをインクルードしたDLLがここにあるから拾って、 Emacsディレクトリにぶちこんで」との事でした。

一応自分の環境ではこれでcaskが正常に動作しています。

Copyright © 2015 Yadex205